clear

model / actor / actress / talent management office 
       Tweet


 <オーディションとは・・>

  これからオーディションを受ける方の為に・・・。

まずは・・最終選考に残らなければ合格はしません・・、この「残る!」ことを考えてみませんか。

最終候補に残り・・・結果、最後の一人に選ばれなかったとしても・・、

残られた方はこれから沢山のチャンスが有る筈です!

では・・残る為には何をすれば良いのでしょうか?


 
★自己紹介と自己PRの違いを考えてみましょう!

自己紹介は「○○○に所属、名前、年齢、○年役者をやっております」
自己PRは「○○○に所属、名前、年齢、○年役者をやっており
50本以上の舞台に参加いたしました!」

どちらが印象に残りますか?

自己紹介するだけではなく自己PR(売り込む)も忘れないで下さい

 
★第一印象

「審査は一瞬で決まる」という方もいらっしゃいますが・・、どう思いますか。
これは初対面時の第一印象が強く残るということです、
例えばオーディションに遅れて来た人、洋服がだらしない人、自信が無いような人等、
一度認識されたイメージを変えるのはとても困難です。
第一印象の大切さを把握し、意識を持って自己をコントロールし発信することにより、
相手がどのように評価するかが決まります。
プラスの判断をしてもらえれば多少のミスをしても、オーディションは有利な方向に進んでいくはずです。

相手の評価はあなた次第ということです。


 ★オーディションの上手い人

<オーディション内容を把握している人>
<時間を守れる人>
<約束を守れる人>
<はきはきしゃべる人>
<礼儀を守れる人>
とても基本的な内容ですが、案外守れてない人が多いようです。

上手い人は一緒に居て気持ちが良い人

下手な人は一緒に居て不愉快になる人

これ分かりやすいですね。


 ★選ばれる努力

オーディション参加者には「オーディションに呼ばれたから来ました」
又、「事務所から行きなさいと云われて・・」といった受身的な人が多いです。

オーディションで何をすれば良いのかが解っていないからだと思います。

「オーディションとは選ばれる為の場」ですから、参加者には
選ばれる為に努力する責任もある訳です。
例えば元気よく挨拶するとか・・照れずに演技するとか、目に見えるものでなければなりませんし、
心の中に秘めているだけでは責任を果たしていません。

人間同士が顔を合わす場なので信頼関係はとても大切だと思いますし、
信頼関係を築く努力もすべきではないでしょうか。


 ★不安感は×

演技が上手くても、歌が上手くても、見た目が良くても、才能があっても、
審査員に不安感を与えてしまう人は残りません。
その不安感とは「言葉使い」そして「礼儀」、人としてのマナーです。さらに付け加えると「しぐさ」でしょうか。

でもそれは何故でしょうか?
クライアントやプロデューサーや監督や広告代理店の方や制作会社の方に紹介する時に、
嫌な思いをさせてしまうかも知れないからです。
又、そのような人を紹介した事務所も評判を落としてしまいます。

確かに実力や素質は大切な審査基準ですが

「売り込みやすいか?」「売り込みにくいか?」
という事も非常に大切な要素です。


 ★本物の努力

夢の為に「映画を年間○百本観てます!」や「腹筋を毎日何百回やってます!」とか
「人間ウォッチングをしてます」等、人はそれぞれ何か努力をしています。

例えば歌手志望の方が
○カラオケに毎週3回は行っている
○大好きな歌を毎日歌っている
○ライブをよく見にいくようにしている
等・・・。
これらは決してマイナスではありませんし、得るものも有ると思います。
しかし・・・・努力する振りをする事で夢を目指している自分に正当化しようとしてませんか?
気持ちいい努力をしていても、夢は叶いません!

作詞作曲の勉強は?
音楽業界に人脈を作る為に営業を行う?
見た目を良くする為の努力は?
ステージでパフォーマンスは出来るのか?
発声等の基礎トレーニングは?
音符は読めるのか?
「C」と言われたらその音を出せるのか?
等・・・歌手を目指すなら必要な要素です。

本当に成長したいのであれば気持ちいい努力も、しんどい努力も行わなければなりませんし、
誰もが見て、聞いて分かる努力でなければなりません


 ★希望と行動

「いつかは世界に通用する役者になりたい」
「頑張ってオーディションに合格する」
「舞台女優になりたい」
大きさの大小はあれ、夢や希望を持ってこの世界に入ったのですから、
誰もがその希望に向かって努力していると思います。
あなたが本当の意味での「希望」を持ちたいと思うのなら必ずセットで「行動」をつけなければなりません。
「いつかトップモデルになる」という希望を持つのであれば、
ダイエット運動を10分でもやってみたり、
ウォーキングのレッスンを受けたり、雑誌を買ってポージングの勉強をしましょう。
「演技で人に感動を与えたい」と思うのであれば5分でも鏡に向かって表情の研究をして見ましょう。
朝の3分でもいいから新聞を声を出して読んでみたり、
1日1回、早口言葉でトレーニングいたしましょう。

希望には「行動」を必ずセットしてください。
 

★危険な安心感

プロダクションに入る努力はしても、所属した途端に
オーディションやお仕事の連絡を待つ受身の方がおりますが・・、
あなたはどうですか?
勿論、生活の為にアルバイトや他の仕事もしなければならないのは分かります、
しかし・・・、オーディションやお仕事が無い時に何をしているかで決まると思います。

あなたは何をしてますか?


 ★控え室での注意

オーディションの控え室で順番を待ちますが、ここでタレント同士が雑談を交わす光景をよく見かけます。
「今日、人数が多くない?」とか「待ち時間が長いね!」とか
「事務所の噂話」とか話されている方がいらっしゃいますが・・、
ちょっと待ってください?
実はこの
控え室もある意味オーディションの場なのです!

何故かと申しますと・・それはキャスティング担当者とのオーディションの場でもある訳です。
良い印象を持っていただければ、次回も呼んでいただくチャンスが増える訳です。
勿論、最終決定はクライアントや制作サイドですが、呼んで頂かない事には始りませんね。
控え室も見られている意識を持って言動には気をつけて下さい。

特にオーディションやお仕事に慣れてきた方が要注意です。
 
  真摯な気持ちでオーディションやお仕事に関われば、必ず良い結果が出ると信じております。

*オーディションを受ける方の応援サイトとして掲載しておりますが、15年以上前のサイト文も一部含まれております。
もしお気付きの方がいらっしゃいましたらご一報ください。クリアHP担当者:office@clear-co.jp